TOPICS

  • 人脈作りを学ぶなら人脈作りを学ぶなら

    フリーランスとして活躍しているシステムエンジニアにぜひおすすめしたい、人脈作りに役立つ本をご紹介します。

  • コミュニケーションを学ぶならコミュニケーションを学ぶなら

    システムエンジニアのキャリアアップに欠かせないのがコミュニケーション力。コミュニケーションを学びたいあなたにおすすめの本をご紹介します。

  • ウォーターフォールモデルを学ぶならウォーターフォールモデルを学ぶなら

    システム開発の基本ともいえるウォーターフォールモデルについて学びたいシステムエンジニアにおすすめの本をご紹介します。

プレゼンスキルを学ぶなら

プレゼンスキルを学ぶなら

ビジネスや学校、セミナーなどでは、もはや当然になってきているプレゼンテーション。やり方次第で見ている相手の心を大きく動かすことができます。自分で仕事を探してきて案件を獲得しなければならないフリーランスのシステムエンジニアにとって、質の高いプレゼンスキルは大きな武器になります。では具体的にはどのようなポイントについて意識したらよいのでしょうか。

Pocket
LINEで送る

目的をよく考える

プレゼンスキルを学ぶなら

フリーランスの場合、プレゼンテーションをする相手はクライアントがほとんどです。その目的は仕事を受注するということになりますから、ただ内容について淡々と説明をするだけでは不十分なのは明らかです。プレゼンテーションを行った結果として、最終的にこの人に仕事を頼みたいと相手が思ってくれるような内容にしていくよう努力する必要があります。システムエンジニアの仕事内容を説明する場合には、注意していないと専門的な用語を使うことが多くなりがちです。プレゼンテーションをする相手がどの程度のIT知識を持っているかわからない中、専門用語ばかりを使った説明をしてしまうと、話が難し過ぎて相手に理解してほしいことが伝わらない可能性もあります。誰が聞いてもわかりやすい内容にするよう心がけていきましょう。

相手のニーズを捉えた内容作り

プレゼンテーションにおいては、自分が説明したいことと相手の聞きたいことが同じとは限りません。そのため、より効果的なプレゼンをするためにも相手がどのようなことを知りたいのかという点に焦点を当てて、そこを軸にした補足的な説明を付け加えていくよう工夫していく必要があるでしょう。フリーランスの場合、仕事の受注がかかっている大切な場面ですから、準備は入念に行うようにします。実際に声に出して練習してみたり、頭の中で全体の流れをシミュレーションするなど、本番では自信を持って堂々と話せるように調整していきましょう。緊張をなくしていくには準備あるのみです。

1回で相手の心を掴むプレゼンスキル

心を掴むプレゼンテーションをするために欠かせないのが資料の準備です。誰の目にも見やすく理解しやすい資料は、説明したい内容をより効果的に相手に伝えるための重要な要素になります。話し方と同様に重要になるポイントとしては、自分が見てわかる資料ではなく、人が見てわかる資料の作成です。
「伝わるプレゼン資料作成」という本には、見ている人が惹きこまれるようなプレゼンテーションをするために知っておきたい情報がたくさん載せられています。資料はプレゼンテーションの成功を左右する重要なアイテムになるので、ビジネスシーンで役立つプレゼンスキルを身につけたい人にぜひおすすめです。

伝わるプレゼン資料作成 伝わるプレゼン資料作成では、広告業界で活躍する著者が数々の成功を収めてきた実績を基に実践的なテクニックを紹介しています。 伝わるプレゼン資料作成